RIBM 株式会社生体分子計測研究所

コード番号:a03    スーパーオキシドジスムターゼSOD測定

 スーパーオキサイドアニオンは、呼吸鎖における電子伝達過程や、好中球、マクロファージの活性化において 発生するフリーラジカルであり、 DNA、タンパク質、脂質などの生体分子を酸化させることが知られています。スーパーオキサイドジスムターゼ(SOD)は、スーパーオキサイドアニオンを分解する酵素であり、活性酸素に対する生体防御において重要な役割を果たしていると考えられます。

 活性酸素の生成反応(キサンチン・キサンチンオキシダーゼ)とSODによる不均化反応とを共役させ、活性酸素による還元呈色が低下します。この吸光度の抑制率をもとに 試料中のSOD活性量を算出します。

a03.png



TEL:029-896-6500 FAX:029-896-6501
e-mail: bioassay@ribm.co.jp

TOPに戻る