RIBM 株式会社生体分子計測研究所

コード番号:d02    ベータヘキソサミニダーゼ測定(スクリーニング)

 抗原刺激によってアレルギー反応が引き起こされる際に、マスト細胞や好塩基球の細胞内顆粒中に貯蔵される生理活性物質が放出される脱顆粒という反応が起きます。この脱顆粒の指標のひとつにベータヘキソサミニダーゼがあります。試料中のベータヘキソサミニダーゼ値を測定することで、脱顆粒の亢進または抑制を確認することができます。

 低価格で実施できるので、スクリーニングなど多くの試料を評価するのに適しています。

TEL:029-896-6500 FAX:029-896-6501
e-mail: bioassay@ribm.co.jp

TOPに戻る

ウィンドウを閉じる