RIBM 株式会社生体分子計測研究所

コード番号:e01    単層における経上皮細胞抵抗値測定(TER)

 上皮細胞では,タイトジャンクションによって管腔側と基底膜側との間でイオンの透過が制限されるため,経上皮電気抵抗 (TER) が生じます。そのためTERはタイトジャンクションによるバリア機能を評価する方法として広く用いられています。

 トランスウェルで単層培養した上皮細胞の管腔面と基底面に測定機器の電極を挿入することで,容易にバリア機能を評価することができます。バリア機能が低下するとTERの値 (Ω/cm2) も低くなります。

 

TEL:029-896-6500 FAX:029-896-6501
e-mail: bioassay@ribm.co.jp

TOPに戻る

ウィンドウを閉じる