RIBM 株式会社生体分子計測研究所

コード番号:f03 / g06

創傷治癒

 傷ついた組織は、血管新生因子による血管新生の増加、細胞増殖および細胞外マトリックス沈着の増加、壊死組織破壊のための炎症免疫細胞による浸潤など複雑かつ構造的なイベントを開始することで創傷領域を修復します。

 本アッセイは、まずコンフルエントな培養細胞単層に引っ掻き傷を作製して、細胞群を移動または破壊することで模擬的な創傷となるオープンギャップを作製します。次に、このオープンギャップを細胞が移動し損傷した領域を埋める様子を顕微鏡で時間をかけて観察します。

TEL:029-896-6500 FAX:029-896-6501
e-mail: bioassay@ribm.co.jp

TOPに戻る

ウィンドウを閉じる