SS-NEX


~ナノスケールの動態を直接観る~
サンプルスキャン型高速原子間力顕微鏡 SS-NEX

Walking_myosinV
rotorless F1-ATPase
‘歩く’ミオシン V
N. Kodera et al. 2010
回転軸を取り除いた
F1-ATPase
(分子モーター)
の‘回転’構造変化

T. Uchihashi et al. 2011

→その他の測定例はこちら

 原子間力顕微鏡(AFM*)は大気中・溶液中でナノスケールの微細な構造を直接可視化できるパワフルな顕微鏡です。
しかしながら従来型AFM には、静止画でしか撮れないという重大な欠点がありました。

金沢大学教授・安藤敏夫先生により開発された弊社の 高速AFM NanoExplorer** (NEX) -Ando model- は、
この‘走査速度の遅さ’を克服し、リアルタイム動画測定を実現しました。

短時間で画像を取得できるため、サンプルの揺らぎや振動に強く、基板への強固な固定が不要です。
生体分子などのサンプルの反応性を損なうことなく測定できます。

* Atomic Force Microscope (AFM) : 原子間力顕微鏡
** NanoExplorerは、(株) 生体分子計測研究所の登録商標です。 

ImmunoglobulinG
HeLa cell
抗体IgG
HeLa細胞

4つの特長

1. 3タイプから選べる高速駆動スキャナ

  • 独自の共振防止メカニズムにより、
    従来型AFMの1000倍以上の速度での高速走査ができます
  • XYZ三軸の各ピエゾを独立して駆動させることで、
    高速走査でも歪みが少ないイメージングを実現しました
  • 標準型スキャナ、広域型スキャナ、超広域型スキャナを目的に合わせて選択できます
 
標準型スキャナ

速い走査速度が必要な酵素反応や構造変化の測定に適します
 

  • スキャン速度:    50 ms / frame (20 frames / sec)
  • 最大ピエゾ駆動範囲: XY: 0.7 μm × 0.7 μm, Z: 0.4 μm
広域型スキャナ

水平方向、高さ方向ともに標準型スキャナより広い領域の測定に適します
 

  • スキャン速度:    1 s / frame
  • 最大ピエゾ駆動範囲: XY: 4 μm × 4 μm, Z: 0.7 μm
超広域型スキャナ

水平方向、高さ方向ともに広域型スキャナより広い領域の測定に適します
 

  • スキャン速度:    10 s / frame (0.1 frame / sec)
  • 最大ピエゾ駆動範囲: XY: 30 μm × 30 μm, Z: 0.7 μm

注1: スキャナの走査範囲は代表値です
注2: スキャン速度は各スキャナ毎に決められた条件下での値であり、最大走査範囲での走査速度を保証するものではありません

 

2. 高共振周波数・低ばね定数の極微小カンチレバー

  • 高共振周波数でありながら低いばね定数を持ったカンチレバーを採用しました
  • 生体分子などの柔らかいサンプルに損傷を与えることなく高速走査ができます

高速AFM用極微小カンチレバー
共振周波数: 大気中 1500 kHz, 溶液中 500 kHz
ばね定数: 0.1 N / m
先端曲率半径: < 10 nm

3. 高速かつ安定したフィードバック制御

  • 広帯域アナログフィードバック機構に加え、独自のダイナミックPIDを採用しました
  • 高速走査下でもサンプル表面に忠実な画像を取得できます

 

4. 充実の操作サポート(オプション)

操作性が向上し、さらに使いやすくなりました

  • ソフトウェアが操作を案内
    • マニュアルを開かなくても、ソフトウェア上で操作手順を確認できます

    • AFM初心者でも簡単にパラメータの設定ができるようになりました
       

 

  • バネ式のカンチレバーホルダ
    • 挟むだけでカンチレバーのセットが完了します

    • ネジで止める必要がありません
       

 

  • マーカーガイド機能
    • 直感的な位置調整ができるようになりました

 

レーザ導入
レーザの反射からカンチレバーの位置をマーカーで表示します

 

試料基板の位置決め
試料基板とカンチレバーが接触しない安全範囲マーカーを表示します

 

標準装置仕様

スキャン速度 50 ms / frame(20 frames / sec)
最大ピエゾ駆動範囲 X: 0.7 μm, Y: 0.7 μm, Z: 0.4 μm
サンプルサイズ 直径 1.5 mm
プローブ検出方式 光学検出方式(光てこ式)
スキャン方式 サンプルスキャン
測定環境 溶液中(測定中に溶液注入可能) / 大気中
制御方式 PID/ダイナミックPID制御
測定モード AC モード (形状像、誤差像、位相像)
その他機能 スキャナアクティブダンピング、励振効率ドリフト補償

注1: スキャナの走査範囲は代表値です
注2: スキャン速度は各スキャナ毎に決められた条件下での値であり、最大走査範囲での走査速度を保証するものではありません

オプション

灌流ユニット

測定中に溶液を交換します
pHや塩濃度をトリガーとする変化を観察する実験に使用します

温度調節ユニット

溶液を加温します
対応温度: 室温~40℃

光照射ユニット

紫外線、可視光など、様々な励起光を照射します
ケージド化合物や光異性化分子を用いた実験に使用します

 

CONTENTS