What's New

 

「JASIS 2017」に出展いたします

【展示会】「JASIS 2017」
    会 期:2017年9月6日(水)~8日(金)
       09月06日 10:00~17:00
       09月07日 10:00~17:00
       09月08日 10:00~17:00
    会 場:幕張メッセ・国際展示場4・5・6・7・8ホール
        小間番号 AB-39、AB-40


【展示内容】
    ・高速原子間力顕微鏡 Probe-Scanning NanoExplorer (PS-NEX)
    ・高速原子間力顕微鏡 Sample-Scanning NanoExplorer (SS-NEX)
    


「JASIS 2017」 詳細はこちら

夏季休業のお知らせ

 夏季の休業日および営業について下記のとおりお知らせします。
誠に勝手ながら、夏季休業のため、下記期間におけるお問合せ対応及び発送業務をお休みさせていただきます。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

     【夏季休業期間】
     2017年08月14日(月) ~2017年08月18日(金)

     【お問合せ対応について】
     夏季休業期間中にいただきましたたお問合せは、2017年08月21日(月)より順次ご対応させていただきます。
     回答までにお時間をいただく場合がございますが、予めご了承下さい。

本社移転のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

この度、株式会社生体分子計測研究所の本社を7月28日付けで、下記に
移転することになりましたので、お知らせ申し上げます。

これを機に、社員一同 心を新たに職務に精励する所存でございますので、
今後とも格別のご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

【新本社の所在地】
〒305-0047 茨城県つくば市千現1丁目17-1
TEL: 029-896-6500
FAX: 029-896-6501
*電話番号およびファックス番号も変更となりました。

7月27日(木)臨時休業のお知らせ

7月27日(木)は、誠に勝手ながら「つくば本社」は臨時の休業日とさせていただきます。
当日は大変ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

なお、「東京事務所」および「広島研究所」は通常通り営業いたします。

一般事業主行動計画を掲載しました

 掲載ページはこちらです。

弊社新製品が日刊工業新聞に掲載されました

 2017年 4月 6日付け日刊工業新聞にて、弊社新製品「DIY-AFM」が日刊工業新聞に掲載されました。

 掲載記事はこちらになります。
 製品紹介ページはこちらになります。


弊社新製品「DIY-AFM」紹介ページを追加しました

 紹介ページはこちらになります。

弊社記事が日刊工業新聞に掲載されました

 2017年 3月13日付け日刊工業新聞にて、弊社岡田社長のコメントが掲載されました。

 掲載記事はこちらになります。

弊社新商品が茨城新聞で紹介されました

 2017年 3月 3日付け茨城新聞にて、弊社新商品「DIY-AFM」が紹介されました。

 紹介記事はこちらになります。

弊社記事が日本経済新聞に掲載されました

 2016年10月 4日付け日本経済新聞(北関東経済版)にて、弊社岡田社長のコメントが掲載されました。

 掲載記事はこちらになります。

夏季休業のお知らせ

 夏季の休業日および営業について下記のとおりお知らせします。
誠に勝手ながら、夏季休業のため、下記期間におけるお問合せ対応及び発送業務をお休みさせていただきます。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

     【夏季休業期間】
     2016年08月15日(月) ~2016年08月19日(金)

     【お問合せ対応について】
     お休み期間中にいただいたお問合せは、2016年08月22日(月)より順次ご対応させていただきます。
     回答までにお時間をいただく場合がございますが、予めご了承下さい。


[ このページの先頭に戻る ]

井上春成賞の贈呈式が開催されました

 2016年7月20日に「第41回(平成28年度)井上春成賞」の贈呈式が開催されました。




「第41回(平成28年度)井上春成賞」 詳細はこちら

弊社記事が日本経済新聞に掲載されました

 2016年6月 9日付け日本経済新聞(全国版)にて、2016年度の井上春成賞に決定が紹介されました。

 掲載記事はこちらになります。

「第41回(平成28年度)井上春成賞」 詳細はこちら

「2016年度精密工学会春季大会」に出展いたします

【展示会】「2016年度精密工学会春季大会」
    会 期:2016年3月15日(火)~17日(木)
        3月15日 9:00~17:00
        3月16日 9:00~17:00
        3月17日 9:00~16:00
    会 場:東京理科大学 野田キャンパス講義棟 2階K204、K205教室

【展示内容】
   ・高速原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる溶液中の観察動画、最新の生体試料観察例のご紹介
   ・卓上型 Micro-ESRの実機展示 世界最小の卓上スピン共鳴(EPR/ESR)スペクトロメータのご紹介

皆様のご来場をお待ち致しております。

「2016年度精密工学会春季大会」詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]


■■食品検査サービス キャンペーン情報■■

    ◆アレルゲン検査◆ 年末キャンペーン実施中 (12月14日受付まで)
    ◆残留農薬検査◆ ご好評につき、期間延長!
    ◆基礎成分7項目セット◆ ご好評につき、期間延長!

  詳細につきましては、広島研究所へお気軽にお問い合わせください。
  TEL 082-431-4521 FAX 082-431-4522
  e-mail:shokuhin@ribm.co.jp

[ このページの先頭に戻る ]


「ニュースウォッチ9」 にて、高速原子間力顕微鏡による抗体の観察画像が放映されました

【番組名】NHK ニュースウォッチ9
【放送日】2015年10月8日(木) 夜 9:16頃
【番組内容】
     新しく開発されたインフルエンザ経鼻ワクチンについての説明の中で
    弊社の高速原子間力顕微鏡で観察した抗体の画像が使用されました。


[ このページの先頭に戻る ]

「食の安心・安全セミナー」を開催します!

※定員に達し次第、お申し込みを締め切らせて頂きます。

    ◆広島会場◆ 日水製薬株式会社様と共催
     【日時】 平成27年10月14日(水) 13:30 ~ 16:30
     【場所】 広島県健康福祉センター(総合研修室)
     【定員】 80名
     【内容】
         (第1部) 日水製薬株式会社
               『食品微生物検査の現場におけるノウハウ』 (60分)
         (第2部) 株式会社生体分子計測研究所
               『食品製造における食物アレルゲン管理』 (90分)
           以下について、事例を織り交ぜてご説明します。
            1.食物アレルギー
            2.食品のアレルギー表示 (表示制度)
            3.アレルゲン管理 (製造工程管理)
            4.アレルゲン検査

    ◆静岡会場◆
     【日時】 平成27年10月26日(月) 13:30 ~ 16:00
     【場所】 静岡県総合研修所 もくせい会館
     【定員】 30名
     【内容】
         (第1部) 『機能性食品開発支援サービス』 (30分)
                 食品の品質・機能性評価試験
         (第2部) 『食品製造における食物アレルゲン管理』 (90分)
           以下について、事例を織り交ぜてご説明します。
            1.食物アレルギー
            2.食品のアレルギー表示 (表示制度)
            3.アレルゲン管理 (製造工程管理)
            4.アレルゲン検査

    ◆◆お問い合わせ/お申し込み◆◆
        株式会社生体分子計測研究所(広島研究所)/担当:金子、山本
        TEL:082-431-4521 / FAX:082-431-4522
        mail:shokuhin@ribm.co.jp

「第53回日本生物物理学会年会」に参加、出展いたしました

【展示会】第53回日本生物物理学会年会
    会 期:2015年9月13日(日)~15日(火)
    会 場:金沢大学 角間キャンパス 自然科学本館
    実行委員長:安藤 敏夫(金沢大学理工研究域数物科学系)


    展示ブースに出展いたしました。
    また、弊社社員がオーラルセッションにて発表を行いました。

    多数のお客様のブースご訪問、誠にありがとうございました。

「第53回日本生物物理学会年会」 詳細はこちら

「JASIS 2015」に出展いたしました

【展示会】「JASIS 2014」
    会 期:2015年9月2日(水)~4日(金)
    会 場:幕張メッセ・国際展示場4・5・6・7・8ホール
         小間番号 4A201 つくば技術開発クラブブース内

    ご来場ありがとうございました。

「JASIS 2015」 詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

弊社新製品が日本経済新聞に掲載されました

 2015年6月29日付け日本経済新聞にて、新製品が紹介されました。


【記事内容】 2015年6月29日 日本経済新聞朝刊 13面科学技術版 Science&Tech.フラッシュ
■生体分子計測研究所(茨城県つくば市)
 金沢大学と共同で大きなサンプルでも精密に観察できる小型の原子間力顕微鏡(AFM、写真)を開発した。プローブという探針で細胞や半導体材料といったサンプルの表面をなぞると、ナノ(ナノは10億分の1)メート単位で形状の変化をリアルタイムで観察できる。蛍光顕微鏡と一体化して使うので、2種類の画像で観察できる。
 新しいAFMは動画が撮影できるタイプ。従来はサンプルを載せる基盤が小さく、観察できるサンプルの種類が限られていた。
 新装置はサンプルに近づける探針だけが動く機構を採用した。レーザーで探針の動きを追いかけ、動画を正確に撮影する。企業や研究機関向けに販売する。価格は3000万円前後。2015年度は15台程度の販売を目指す。




弊社記事が日本経済新聞に掲載されました

 2015年4月24日付け日本経済新聞(北関東版)にて、ナノレベル顕微鏡開発が紹介されました。


「BIO tech 2015」に出展いたします

【展示会】「BIO tech 2015」
    会 期:2015年05月13日(水)~15日(金)
        5月13日 10:00~18:00
        5月14日 10:00~18:00
        5月15日 10:00~17:00
    会 場:東京ビッグサイト
        (第14回 国際バイオテクノロジー展)


【展示内容】
    ・高速原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる溶液中の観察動画、最新の生体試料観察例のご紹介
    ・卓上型 Micro-ESRの実機展示 世界最小の卓上スピン共鳴(EPR/ESR)スペクトロメータのご紹介
    ・電子実験ノート BIOVIA NOTEBOOK 簡単導入、誰でも簡単操作のクラウド型電子実験ノートのご紹介


皆様のご来場をお待ち致しております。

「BIO tech 2015」 詳細はこちら

RIBM&LAS 技術セミナーのご案内

お客様各位

 この度、(株)生体分子計測研究所(RIBM)と、関連会社の(株)エルエイシステムズ(LAS)の共催にて「技術セミナー」を開催致します。本セミナーでは、両社に関連する様々なテーマについて事例を織り交ぜながらご紹介し、研究者・技術者に必要な最新の情報をご提供いたします。
 ご多忙中とは存じますが、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

【日時】 2月25日(水)10:00~16:00
     (第一部受付開始 9:40~)
【場所】 東京都立産業貿易センター(浜松町館)第1・2会議室
     〒105-0022 東京都港区海岸1-7-8
     TEL: 03-3434-4242
【参加費】 無料
【内容】
    第1部(10:00-11:00)  (株)生体分子計測研究所/生体分子計測事業部
      『世界唯一、動画の撮れる原子間力顕微鏡:NANO EXPLOLER』
       最新アプリケーションのご紹介
       ①細胞観察 ②ファインバブル観察
    第2部(11:15-12:15)  (株)エルエイシステムズ
      『研究管理と研究・開発を支援するBIOVIA Notebook、Micro-ESR』
       ①簡単導入・簡単操作の電子実験ノートBIOVIA Notebook (BIOVIA社製)のご紹介
       ②卓上型Micro-ESR(Active Spectrum社製)の概要、主な機能のご紹介
    第3部(13:15-14:15)  (株)生体分子計測研究所/先端計測解析センター(つくば)
      『バイオアッセイによる食品・化粧品・医薬品の機能性評価』
       ①研究開発支援: RIBMのバイオアッセイの特徴とサービス
       ②バイオリソース(機能性植物資源)のご紹介
    第4部(14:30-16:00)  (株)生体分子計測研究所/先端計測解析センター(広島)
      『食品製造における食物アレルゲン管理』
       ①食物アレルギー②食品のアレルギー表示③アレルゲン管理④アレルゲン検査
       ※弊社の食品検査サービスは、全国の食品関連企業様にご利用頂いています。
【申込方法】
   お申し込み欄に必要事項をご記入頂き、弊社までFAXでお送り下さい。
   受付完了後、参加受付のご連絡をメールまたはFAXにて致します。
  *各部毎の参加お申込みが可能です。

お申し込み先/お問い合わせ
  株式会社生体分子計測研究所(広島研究所)担当:金子、山本
  TEL: 082-431-4521 / FAX: 082-431-4522
  メール: shokuhin@ribm.co.jp

*セミナーおよびお申込みの詳細は、こちらをご覧ください。


[ このページの先頭に戻る ]

年末年始休業のお知らせ

 年末年始の休業日および営業について下記のとおりお知らせします。
誠に勝手ながら、年末年始の休業のため、下記期間におけるお問合せ対応及び発送業務をお休みさせていただきます。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

     【年末年始休業期間】
     2014年12月27日(土) ~2015年1月4日(日)

     【お問合せ対応について】
     お休み期間中にいただいたお問合せは、2014年1月5日(月)より順次ご対応させていただきます。
     回答までにお時間をいただく場合がございますが、予めご了承下さい。


[ このページの先頭に戻る ]

夏季休業のお知らせ

 夏季の休業日および営業について下記のとおりお知らせします。
誠に勝手ながら、夏季休業のため、下記期間におけるお問合せ対応及び発送業務をお休みさせていただきます。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

     【夏季休業期間】
     2014年08月11日(月) ~2014年08月15日(金)

     【お問合せ対応について】
     お休み期間中にいただいたお問合せは、2014年08月18日(月)より順次ご対応させていただきます。
     回答までにお時間をいただく場合がございますが、予めご了承下さい。


「BioJapan2014」に出展いたします

【展示会】「BioJapan2014」
    会 期:2014年10月15日(水)~17日(金)
       10月15日 10:00~17:00
       10月16日 10:00~17:00
       10月17日 10:00~17:00
    会 場:パシフィコ横浜 展示ホールC、Dおよびアネックスホール
       (JBAバイオベンチャー共同出展パビリオン内)


【展示内容】
    ・動物細胞を用いた細胞ベースバイオアッセイによる食品・化粧品および医薬品の機能性評価受託サービスのご紹介
    ・超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる最新の生体試料観察例のご紹介


皆様のご来場をお待ち致しております。

「BioJapan2014」 詳細はこちら

「日本生物物理学会第52回年会」に出展いたします

【展示会】「日本生物物理学会第52回年会 併設展示会」
    会 期:2014年9月25日(木)~27日(土)
       09月25日 09:00~18:00
       09月26日 09:00~18:00
       09月27日 09:00~18:00
    会 場:札幌コンベンションセンター


【展示内容】
    ・高速原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる一分子動画観察をはじめ、生体試料の最新の観察例をモニター展示、及び、パネル展示をいたします。


「日本生物物理学会第52回年会」 詳細はこちら

「第23回日本バイオイメージング学会学術集会」に出展いたします

【展示会】「第23回日本バイオイメージング学会学術集会 併設展示会」
    会 期:2014年9月4日(木)~6日(土)
       09月04日 午後より
       09月05日 09:00~17:00
       09月06日 09:00~17:00
    会 場:大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館(3階 阪急電鉄・三和銀行ホール)


【展示内容】
    ・高速原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる溶液中の観察動画、最新の観察例をモニター展示します。


「第23回日本バイオイメージング学会学術集会」 詳細はこちら

「JASIS 2014」に出展いたします

【展示会】「JASIS 2014」
    会 期:2014年9月3日(水)~5日(金)
       09月03日 10:00~17:00
       09月04日 10:00~17:00
       09月05日 10:00~17:00
    会 場:幕張メッセ・国際展示場4・5・6・7・8ホール
        小間番号 8A203 つくば技術開発クラブブース内


【展示内容】
    ・高速原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる溶液中の観察動画、最新の観察例をモニター展示します。
    ・卓上型Micro-ESRの実機展示 世界最小の卓上スピン共鳴(EPR/ESR)スペクトロメータです。
    ・電子実験ノート 簡単導入、誰でも簡単操作のクラウド型電子実験ノートです。


「JASIS 2014」 詳細はこちら

「NC-AFM2014」に出展いたします

【展示会】「NC-AFM2014」
    会 期:2014年8月4日(月)~8日(金)
       08月04日 09:00~18:00
       08月05日 10:00~20:30
       08月06日 09:00~20:30
       08月07日 09:00~12:00
       08月08日 09:00~13:00
    会 場:つくば国際会議場


【展示内容】
    ・超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる最新の生体試料観察例のご紹介


「NC-AFM2014」 詳細はこちら

新製品のお知らせ

 新たに3製品の販売を開始しました。


問い合わせはこちらからお願いします。

[ このページの先頭に戻る ]

年末年始休業のお知らせ

 年末年始の休業日および営業について下記のとおりお知らせします。
誠に勝手ながら、年末年始の休業のため、下記期間におけるお問合せ対応及び発送業務をお休みさせていただきます。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

     【年末年始休業期間】
     2013年12月28日(土) ~2014年1月5日(日)

     【お問合せ対応について】
     お休み期間中にいただいたお問合せは、2014年1月6日(月)より順次ご対応させていただきます。
     回答までにお時間をいただく場合がございますが、予めご了承下さい。


[ このページの先頭に戻る ]

「モーニングバード」 にて、高速原子間力顕微鏡による抗体の観察画像が放映されました

【番組名】テレビ朝日 モーニングバード
【放送日】2013年12月9日(月) 朝 9:15頃
【番組内容】
     国立感染症研究所 長谷川秀樹博士が、新しく開発されたインフルエンザ経鼻ワクチンについて
    石原良純さんからインタビューを受けました。
    そのご説明の中で、弊社の高速原子間力顕微鏡で観察したIgGやIgA抗体の画像が使用されました。


[ このページの先頭に戻る ]

「PFG-NMR法による拡散現象測定の手引書(第三版)」を掲載しました

【タイトル】PFG-NMR法による拡散現象測定の手引書(第三版)
    (独)産業技術総合研究所 客員研究員 早水紀久子先生のご執筆です。
    PDFファイルがダウンロードできます。


詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「ホンマでっか!?TV」 にて、IgG抗体の高速原子間力顕微鏡による観察画像が放映されました

【番 組 名】フジテレビ ホンマでっか!?TV
【放送予定日】2013年10月23日(水) 21:00~22:00
【放送テーマ】「危ない病気の兆候」
【番組内容】
     Rサイエンスクリニック広尾の院長、医学博士の日比野佐和子先生による
    「食物アレルギーの1つである遅延型アレルギーは、IgG抗体によって起こっている」というお話の中で
    弊社で撮ったIgG抗体の高速AFMによる観察画像(動画)が使用されました。



[ このページの先頭に戻る ]

「ACSIN-12 & ICSPM21附設展示会」に出展いたします

【展示会】「ACSIN-12 & ICSPM21附設展示会」
    会 期:2013年11月5日(火)~8日(金)
       11月05日 12:00~20:00
       11月06日 9:00~17:45
       11月07日 9:00~20:00
       11月08日 9:00~12:00
    会 場:つくば国際会議場


【展示内容】
    ・超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる最新の生体試料観察例のご紹介
    
超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる最新の生体試料観察例をモニター及びパネルで展示いたします。
皆様のご来場をお待ち致しております。


「ACSIN-12 & ICSPM21附設展示会」 詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「BioJapan2013」に出展いたします

【展示会】「BioJapan2013」
    会 期:2013年10月09日(水)~11日(金)
       10月09日 10:00~17:00
       10月10日 10:00~17:00
       10月11日 10:00~17:00
    会 場:パシフィコ横浜 展示ホールC、Dおよびアネックスホール ブースA204(首都圏バイオネットワーク内)


【展示内容】
    ・動物細胞を用いた細胞ベースバイオアッセイによる食品・化粧品および医薬品の機能性評価受託サービスのご紹介
    ・超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる最新の生体試料観察例のご紹介
    
皆様のご来場をお待ち致しております。


「BioJapan2013」 詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「第51回日本生物物理学会年会 附設展示会」に出展いたします

【展示会】「第51回日本生物物理学会年会 附設展示会」
    会 期:2013年10月28日(月)~30日(水)
       10月28日 09:30~17:00
       10月29日 09:30~17:00
       10月30日 09:30~16:00
    会 場:国立京都国際会館 アネックスホール ブースNo.8


【展示内容】
    ・高速原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる溶液中ナノスケールの動画観察のご紹介
    
皆様のご来場をお待ち致しております。


「第51回日本生物物理学会年会」 詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「nano tech 2013」に出展いたします

【展示会】「nano tech 2013」 第12回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議
    会 期:2013年1月30日(水)~2月1日(金)
       01月30日 10:00~17:00
       01月31日 10:00~17:00
       02月01日 10:00~17:00
    会 場:東京ビッグサイト 東2,4~6ホール&会議棟
       当社は、中小企業基盤整備機構のブースに出展いたします。


【展示内容】
    ・高速原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる生体試料の最新の観察例をモニター展示、及び、パネル展示をいたします。


【プレゼンテーション】
    ■シーズ&ニーズセミナーでは、「高速原子間力顕微鏡(High-Speed Atomic Force Microscope;HS-AFM)のご紹介」のプレゼンテーションがあります。
       日時:1月30日(水)13:00~13:30
          一般財団法人 ナノテクノロジービジネス推進協議会(NBCI)
          NBCIビジネスマッチング
       場所:シーズ&ニーズセミナー B会場
       詳細はこちら
    
    ■「nano tech 2013中小企業ゾーン」のプレゼンテーションコーナーでは、「高速原子間力顕微鏡を用いたナノスケールの動態観察」のプレゼンテーションがあります。
       日時:2月1日(金)14:00~14:20


「nano tech 2013」 詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「Biophysical Society 57th Annual Meeting」に出展いたします

【展示会】「Biophysical Society 57th Annual Meeting」
    会 期:2013年02月03日(日)~5日(火)
       02月03日 10:00~17:00
       02月04日 10:00~17:00
       02月05日 10:00~17:00
    会 場:Pennsylvania Convention Center Philadelphia, Pennsylvania


【展示内容】
    ・High-Speed AFM 高速原子間力顕微鏡による生体試料の最新の観察例をモニター展示、及び、パネル展示をいたします。


「Biophysical Society 57th Annual Meeting」 詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

JST 先端計測 平成24年度新規開発課題に採択されました

 この度、当社は金沢大学 数物科学系 安藤敏夫先生との開発チームで
科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)
における平成24年度新規開発課題に採択されました。

詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

PGSE-NMR法による拡散係数測定のデータ集を掲載しました

タイトル:リチウム電池用電解液の自己拡散係数と関連するデータ集
     (第1部)リチウム電池用有機電解液

(独)産業技術総合研究所 客員研究員 早水紀久子先生のご執筆です。
PDFファイルがダウンロードできます。

詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「BioJapan2012」に出展いたします

【展示会】「BioJapan2012」
    会 期:2012年10月10日(水)~12日(金)
       10月10日 10:00~17:00
       10月11日 10:00~17:00
       10月12日 10:00~17:00
    会 場:パシフィコ横浜 展示ホールC、Dおよびアネックスホール


【展示内容】
    ・超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる最新の生体試料観察例のご紹介


 超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる最新の生体試料観察例をモニター及びパネルで展示いたします。

 弊社は、首都圏バイオネットワーク・ブースと、北陸産業活性化センターのブースに出展いたします。

「BioJapan2012」 詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「日本生物物理学会第50回年会」に出展いたします

【展示会】「日本生物物理学会第50回年会 附設展示会」
    会 期:2012年9月22日(土)~24日(月)
       9月22日 9:00~17:00
       9月23日 9:00~17:00
       9月24日 9:00~16:00
    会 場:名古屋大学 東山キャンパス 豊田講堂


【展示内容】
    ・超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる最新の生体試料観察例のご紹介


 超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる一分子観察動画をはじめとする、最新の生体試料観察例をモニター及びパネルで展示いたします。

「日本生物物理学会第50回年会」 詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「第21回日本バイオイメージング学会学術集会」に出展いたします

【展示会】「第21回日本バイオイメージング学会学術集会 併設展示会」
    会 期:2012年8月27日(月)~28日(火)
    会 場:京都国際会館


【展示内容】
    ・超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる最新の生体試料観察例のご紹介


 超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによるモータータンパク質(ミオシンVの歩行)の動画をはじめとする、最新の生体試料観察例をモニター及びパネルで展示いたします。

 また、8月28日(火)のシンポジウムでは、高速原子間力顕微鏡の生みの親である、金沢大学 安藤先生の「ビデオレートAFM(仮)」の講演があります。

「第21回日本バイオイメージング学会学術集会」 詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

ホームページ更新:研究開発支援サービスのページを独立し、新規受託サービス「分子間相互作用解析」を追加いたしました

 従来の受託サービス「細胞バイオアッセイ」および「PGSE-NMR法による拡散係数測定」に、新規受託サービス「分子間相互作用解析」を加え、研究開発支援サービスとして独立いたしました

*研究開発支援サービス
 ・「細胞バイオアッセイ」
 ・「分子間相互作用解析」
 ・「PGSE-NMR法による拡散係数測定」
 
 「分子間相互作用解析」とは:
 創薬開発を合理的に行う上で、タンパク質・ペプチドの物理化学的性質(物性)の解析は必須です。 本受託分析サービスでは、分子間相互作用解析の専門家が様々な解析手法を駆使し、最適な測定・解析・評価を行います。


[ このページの先頭に戻る ]

弊社社員が執筆に参加した「先端バイオマテリアルハンドブック」が刊行されました

 弊社社員が執筆に参加しました、「先端バイオマテリアルハンドブック」が刊行されました。
弊社の森居・小谷が「第2章 7節 高速AFM」を担当しております。


「先端バイオマテリアルハンドブック」  NTS社

 【監修】
   秋吉 一成 (京都大学)
   石原 一彦 (東京大学)
   山岡 哲二 ((独)国立循環器病研究センター研究所)

 【主な目次】
   第1章 バイオマテリアル-総論
   第2章 バイオマテリアルの生体反応
         7節 高速AFM (森居・小谷)
   第3章 医療機器に関する薬事規制
   第4章 バイオマテリアルの評価
   第5章 医療における最先端バイオマテリアル


「先端バイオマテリアルハンドブック」の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「平成24年度日本分析化学会東日本分析若手交流会」で講演いたします

【講演会】平成24年東日本分析若手交流会
    会 期:2012年6月29日(金)~30日(土)
    会 場:いこいの村涸沼
http://www.ikoinomurahinuma.com/index.html

【講演題目】
    ・「超高速原子間力顕微鏡による溶液中ナノスケールの動画観察」


平成24年度日本分析化学会東日本分析若手交流会にて招待講演のご依頼を頂きましたので、弊社社員が講演いたします。

講演会では高速原子間力顕微鏡の最先端のアプリケーションや今後の展望についてご紹介いたします。

ご興味のある方は是非、日本分析化学会関東支部ホームページをご参照の上、事前にお申し込み下さい(*弊社では申込は受け付けておりません)。

「平成24年度日本分析化学会東日本分析若手交流会」詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「FNANO12」でワークショップを実施いたします

【展 示 会】FNANO12 (米国:ユタ州)
    会 期:2012年4月16日(月)~19日(木)
        2月16日(月) 10:00~21:20
        2月17日(火) 9:00 ~21:30
        2月18日(水) 8:00 ~21:30
        2月19日(木) 8:00 ~17:15
    会 場:Snowbird Cliff Lodge

【展示内容】
    ・新製品の超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによるワークショップを実施いたします。


高速(動画)原子間力顕微鏡によるワークショップを実施しデモ測定をいたします。4月16日(月)18時~18時40分には弊社取締役森居隆史が講演いたします。

「FNANO」の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

PGSE-NMR法による拡散係数測定の参考資料を掲載しました

タイトル:PGSE-NMR 法によって測定する自己拡散係数のデ-タ精度(追加版)
        ―イオン液体、特に EMImTFSA を例にして―

日本語版英語版 のPDFファイルがダウンロードできます。
産業技術総合研究所 早水紀久子先生ご執筆の参考資料です。
イオン液体の測定を例に、具体的な測定法、注意点などが説明されています。

詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「米国生物物理学会」に出展いたします

【展 示 会】Biophysical Society 56th Annual Meeting (米国:San Diego)
    会 期:2012年2月26日(日)~28日(火)
        2月26日(水) 10:00~17:00
        2月27日(木) 10:00~17:00
        2月28日(金) 10:00~17:00
    会 場:San Diego Convention Center ブースNo.836

【展示内容】
    ・新製品の超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる溶液中ナノスケールの動画観察のご紹介


高速(動画)原子間力顕微鏡(海外商標:HS-AFM)によるモニター展示、及び、パネル展示をいたします。当学会にお越しの際は、是非弊社ブースにお越しください。

「米国生物物理学会」の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「nano tech 2012」に出展いたします

【展 示 会】「nano tech 2012 」
        第11回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議
    会 期:2012年2月15日(水)~17日(金)
        2月15日(水) 10:00~17:00
        2月16日(木) 10:00~17:00
        2月17日(金) 10:00~17:00
    会 場:東京ビッグサイト 東4・5・6ホール&会議棟 ブースNo.D-05

【展示内容】
    ・新製品の超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる溶液中ナノスケールの動画観察のご紹介


また、2月15日(水)13:00-14:45 は、ナノビズマッチのシーズ&ニーズセミナーにおいて国内厳選企業によるナノテク製品・技術を公開(第46回ナノビズマッチ)があり、取締役 森居 隆史による「高速原子間力顕微鏡 新機種NanoExplorerのご紹介」がございます。皆様のご来場をお待ち致しております。

「nano tech 2012」の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

猪飼篤先生 顧問就任のお知らせ

 この度、東京工業大学特任教授・名誉教授の猪飼篤先生を新たに技術顧問としてお迎えすることになりました。
猪飼先生は、バイオ分野のAFMの草分け的存在であり、長年のご経験と深い造詣に基づき、生体分子計測事業を支援して頂きます。

[ このページの先頭に戻る ]

「ものづくりNEXT↑2011」に出展いたします

【展 示 会】ものづくりNEXT↑2011
        特別企画「ネクスト・ネイチャー・プロダクツ~生物に学ぶ、次世代ものづくり技術展」
        ~バイオミメティクス、ネイチャーテクノロジー、ロボット~
    会 期:2011年11月16日(水)~18日(金)
        11月16日 10:00~17:00
        11月17日 10:00~17:00
        11月18日 10:00~17:00
    会 場:東京ビッグサイト 東ホール

【展示内容】
    ・新製品の超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる溶液中ナノスケールの動画観察のご紹介


皆様のご来場をお待ち致しております。

ものづくりNEXT↑2011の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「産業交流展2011」に出展いたします

【展 示 会】産業交流展2011
    会 期:2011年10月26日(水)~28日(金)
        10月26日 10:00~17:00
        10月27日 10:00~17:00
        10月28日 10:00~17:00
    会 場:東京ビッグサイト 東5・6ホール

【展示内容】
    ・新製品の超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる溶液中ナノスケールの動画観察のご紹介


皆様のご来場をお待ち致しております。

産業交流展2011の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

バイオジャパン2011に出展いたします

【展 示 会】バイオジャパン2011
    会 期:2011年10月5日(水)~7日(金)
        10月5日 10:00~17:00
        10月6日 10:00~17:00
        10月7日 10:00~17:00
    会 場:パシフィコ横浜

【展示内容】
    ・新製品の超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorer による溶液中ナノスケールの動画観察のご紹介


皆様のご来場をお待ち致しております。

バイオジャパン2011の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

「マイクロ流路式 迅速ELISAシステム」の技術情報を更新しました

弊社先端計測システム 「マイクロ流路式 迅速ELISAシステム」の技術情報を更新いたしました。

詳細はこちらから


[ このページの先頭に戻る ]

北洋銀行 ものづくりテクノフェア2011に出展いたします

【展 示 会】北洋銀行 ものづくりテクノフェア2011
    会 期:2011年8月19日(金) 10:00~17:00
    会 場:札幌コンベンションセンター(北海道札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1)

【展示内容】
    ・食品環境計測サービス
    ・マイクロ流路式迅速ELISAシステム

【入場無料・事前登録制】
    お申込み、詳細はこちらから

皆様のご来場をお待ち致しております。

[ このページの先頭に戻る ]

研究開発支援受託サービス: 細胞バイオアッセイのページを更新しました

 弊社、食品環境計測事業 研究開発支援受託サービス: 細胞バイオアッセイのページを充実・更新しました

 【受託内容】
  1.医薬、化粧品、機能性食品、飲料等の機能性物質の有効性評価
  2.新規生理活性物質の探索
  3.ヒトに対する環境安全性評価

 細胞バイオアッセイのページはこちらから。


[ このページの先頭に戻る ]

弊社記事が日本経済新聞に掲載されました

 2011年5月19日付け日本経済新聞(北関東版)にて、超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerを

商品化したことが紹介されました。


[ このページの先頭に戻る ]

ICAS2011 国際分析化学会議 附設展示会に出展致します

【展 示 会】ICAS2011 国際分析化学会議 附設展示会
会 期:2011年5月23日(月)~5月25日(水)
    5月23日 09:00~18:00
    5月24日 09:00~18:00
    5月25日 09:00~17:00
会場:国立京都国際会館 アネックスホール


【展示内容】
    ・超高速(動画)原子間力顕微鏡 NanoExplorerによる溶液中ナノスケールの動画観察のご紹介


皆様のご来場をお待ち致しております。

ICAS2011 国際分析化学会議の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

弊社記事がBiotechnology Japanに掲載されました

 2011年4月13日付けBiotechnology Japanにて、弊社が金沢大学理工研究域数物科学系の

安藤敏夫教授が開発された高速AFMを商品化したことが紹介されました。


記事はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

超高速(動画)AFMシンポジウムを開催致します

弊社主催「超高速(動画)AFMシンポジウム」を東日本地区と西日本地区で開催致します。
参加をご希望の方は下記要項に従ってお申し込み下さい。
担当者よりご連絡させて頂きます。


            記

【東日本地区】
超高速(動画)AFMの生みの親である、金沢大学教授 安藤敏夫先生、並びに
糖鎖関連酵素反応研究の第一人者、東京工業大学准教授 森俊明先生を講師にお迎えし、講演をして頂きます。
1 日時
  平成23年6月10日(金)13:00~17:30
2 会場
  ビジョンセンター日本橋 504号室
    東京都中央区日本橋室町1-5-3  福島ビル5F
    http://www.visioncenter.jp/nihonbashi/
3 講演題目
  「実用と応用展開の時期を迎えた液中高速AFM 」
    金沢大学 理工研究域数物科学系 教授
      安藤 敏夫 先生
  「糖鎖関連酵素の1分子計測による反応解析」
    東京工業大学 大学院生命理工学研究科  准教授
      森 俊明 先生
  「新高速AFM NanoExplorer (NEX)のご紹介と実演」
    (株)生体分子計測研究所

【西日本地区】
核酸ケミカルバイオロジーの第一人者、京都大学教授 杉山弘先生、並びに
膜タンパク質研究の第一人者、京都大学准教授 吉村成弘先生を講師にお迎えし、講演をして頂きます。
1 日時
  平成23年7月29日(金)13:00~17:30
2 会場
  千里ライフサイエンスセンター 603・604号室
    大阪府豊中市新千里東町1-4-2
    http://www.senrilc.co.jp/
3 講演題目
  「DNAオリガミ法による多次元ナノ構造体の構築と高次機能化 」
    京都大学 大学院理学研究科 教授
      杉山 弘 先生
  「AFMで捉えるDNAの「かたち」と「うごき」~ナノメートルとミリ秒のDNAバイオロジー~」
    京都大学 大学院生命科学研究科 准教授
      吉村 成弘 先生
  「新高速AFM NanoExplorer (NEX)のご紹介と実演」
    (株)生体分子計測研究所

4 参加費
  無料
5 申込方法
  (1)e-mail
    ご氏名、勤務先、部署、勤務先住所、勤務先電話番号、勤務先FAX番号、e-mailアドレスを
    明記の上、お申し込み下さい。
  (2)FAX
    申込用紙はこちらになります。
  ※お申し込み多数のため、ご希望にそえない場合もございます。予めご了承下さい。
6 申し込み先
  e-mail:sakamoto@ribm.co.jp
  FAX:029-839-4612
  (担当:坂本)
7 主催
  (株)生体分子計測研究所

[ このページの先頭に戻る ]

ナノバイオ Expo 2011に出展いたします

【展 示 会】
   ナノバイオ Expo 2011
【会 期】
   2011年2月16日(水)~18日(金)
     2月16日 10:00~17:00
     2月17日 10:00~17:00
     2月18日 10:00~17:00
【会場】
   東京ビックサイト 東6ホール&会議室
【展示ブース】
   G-28
【展示内容】
   ・ 高速原子間力顕微鏡 ナノライブビジョンによる溶液中ナノスケールの動画観察のご紹介
   ・ 高性能・高分解能原子間力顕微鏡 (セルバンテスによる液中FM-AFMモードでの原子画像)の紹介


   皆様のご来場をお待ち致しております。

ナノバイオ Expo 2011の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

産業総合技術研究所 ナノバイオセミナー(11/9(火):無料)のご案内

 産総研ナノシステム研究部門では、下記の通りプローブ顕微鏡のナノバイオへの応用に関するセミナーを開催致します。
ご興味のある方は是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。
 ご参加を希望される場合は、下記連絡先までご連絡を下さいますよう、お願い申し上げます。

【日時】
   2010年11月09日(火) 13:30~14:30
【場所】
   産総研つくば中央第4事業所 4-1棟 2階 第5会議室
【費用】
   無料
【講師】
   兼上明美((株)生体分子計測研究所)

【演題】
   液中高速原子間力顕微鏡:生体分子のナノスケールダイナミクス
【概要】
    原子間力顕微鏡(AFM)は、液体中でタンパク質などのナノスケールの生体試料を自然に近い状態で
   測定できる画期的な顕微鏡です。
   しかし従来のAFMでは1枚の画像を取得するのに最速でも数分かかるため、この時間分解能の低さから
   モータータンパク質の動態や酵素反応などの‘動き’を観察することは不可能でした。
    Nano Live Vision(NLV)は、金沢大学安藤先生とオリンパス株式会社の共同研究により開発された
   市販品としては唯一の溶液中でナノスケールの動画観察ができる高速原子間力顕微鏡です。
    本講演では、NLVで動画観察された各種酵素反応や構造変化などの事例を中心にご紹介致します。
【申し込み先】
   e-mail:sakamoto@ribm.co.jp (担当:坂本)
    ご氏名、ご所属機関名、勤務先電話番号、勤務先FAX番号、E-mailアドレスを
   明記の上、お申し込み下さい。


高速原子間力顕微鏡 ナノライブビジョンのページはこちら

[ このページの先頭に戻る ]

PGSE-NMR法による自己拡散係数に関する受託測定サービス、標準サンプル販売および資料集販売開始のお知らせ

 リチウム二次電池などに使用される電解液のイオン自己拡散係数をパルス磁場勾配NMR(PGSE-NMR)法により測定する 受託サービスを開始いたします。
 また本法で測定される場合に必要となるパルス磁場勾配のキャリブレーション用標準サンプルの販売、さらに資料集「PGSE-NMRによる拡散測定例 -電解液を中心にして-」の販売も開始いたします。

 詳細はこちらから


[ このページの先頭に戻る ]

バイオジャパン2010に出展いたします

【展 示 会】バイオジャパン2010
会 期:2010年9月29日(水)~10月1日(金)
    9月29日 10:00~17:00
    9月30日 10:00~17:00
    10月1日 10:00~17:00
会場:パシフィコ横浜
展示ブース:首都圏バイオネットワークブース
        ひろしま産業振興機構/広島県産業科学技術研究所ブース (C703)


【展示内容】
(1)生体分子計測事業(首都圏バイオネットワークブース)
    ・高速原子間力顕微鏡 ナノライブビジョンによる抗体動画の紹介
    ・高性能・高分解能原子間力顕微鏡 セルバンテスによる液中FM-AFMモードでの原子画像の紹介
(2)食品環境計測事業(ひろしま産業振興機構/広島県産業科学技術研究所ブース)
    ・マイクロ流路式 迅速ELISAシステムの紹介
(3)アライアンスプロモーション(10月1日(金)11:40~12:00 プレゼンテーション会場B)
    弊社技術営業部 七里元晴 による「創薬における原子間力顕微鏡の有効活用」のプレゼンテーションがございます。
    本発表は、高速原子間力顕微鏡によって見えてきた創薬研究の新しい時代の幕開けを告げる内容となります。


皆様のご来場をお待ち致しております。

バイオジャパン2010の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

分析展 2010/科学機器展 2010に出展いたします

【展 示 会】分析展 2010/科学機器展 2010
会 期:2010年9月1日(水)~3日(金)
    9月 1日 10:00~17:00
    9月 2日 10:00~17:00
    9月 3日 10:00~17:00
会場:幕張メッセ国際展示場 4・5・6・7・8ホール
展示ブース:7B-611


【展示内容】
(1)生体分子計測事業
    ・高速原子間力顕微鏡 ナノライブビジョンによる抗体動画の紹介
    ・高性能・高分解能原子間力顕微鏡 セルバンテスによる液中FM-AFMモードでの原子画像の紹介
(2)食品環境計測事業
    ・マイクロ流路式 迅速ELISAシステムの紹介
(3)分子イメージング事業(㈱エルエイシステムズ
    ・分析用超遠心蛍光検出システム(米国Aviv Biomedical社)の紹介
    ・円二色性分光装置(米国Aviv Biomedical社)の紹介


皆様のご来場をお待ち致しております。

分析展 2010/科学機器展 2010の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

バイオアッセイセミナーを開催いたします

 バイオアッセイは、生物由来の生理活性機能性の評価において信頼性の高い技術として注目されています。
現在、医薬品、機能性食品および化粧品の研究や開発にこのバイオアッセイ技術の導入をご検討中の方は、是非この機会にご参加下さい。
 本セミナーでは、これらの分野でご活躍されている先生方をお招きし、培養細胞レベル、遺伝子レベル、ナノレベル可視化・計測、タンパク質レベルおよび動物レベルでのバイオアッセイ技術をご紹介していただきます。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

            記
1 日時
  平成22年10月7日(木) 13:00~17:00
2 会場
  文部科学省 研究交流センター 第一会議室
    〒305-0032  茨城県つくば市竹園2-20-5
    TEL: 029-851-1331
    http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/kouryucenter/
3 主催
  (株)生体分子計測研究所
  (株)アレナビオ
4 プログラム
  挨拶
    (株)生体分子計測研究所  代表取締役
      岡田 孝夫
  講演1
  「食品・化粧品成分の機能性及び安全性を評価する多様なバイオアッセイシステム」
    筑波大学  教授
      礒田 博子 氏
  講演2
  「食品由来機能性成分の神経保護作用に関して-カフェオイルキナ酸の神経細胞保護効果」
    筑波大学  助教
      韓 畯奎 氏
  講演3
  「オミックス解析による食品成分のエストロゲン活性評価」
    (独)産業技術総合研究所  主任研究員
      木山 亮一 氏
  講演4
  「新規機能性植物原料の可能性-筑波大学北アフリカ研究センター研究成果の実用化に向けて」
    (株)アレナビオ  代表取締役
      藤井 壮一郎
  講演5
  「生体分子の可視化・計測技術」
    (株)生体分子計測研究所
5 参加費
  無料
  ※定員になり次第、締切らせていただきます
6 申込方法
  (1)e-mail
    ご氏名、ご所属機関名、勤務先電話番号、勤務先FAX番号、E-mailアドレスを
    明記の上、お申し込み下さい。
  (2)FAX
    申込用紙はこちらになります。
7 申込先
  e-mail:sunagawa@ribm.co.jp
    TEL:029-839-4611
    FAX:029-839-4612
       (担当:砂川)
  

バイオアッセイの詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

装置販売:4機種を追加しました

「表面プラズモン共鳴装置」2機種、「分析超遠心機用蛍光検出システム」および「円二色性分光装置」の計4機種です。
「表面プラズモン共鳴装置」は生体物質の相互作用をリアルタイムに測定します。 "Handy SPR" と "Smart SPR"の2機種があります。
「分析超遠心機用蛍光検出システム」は生体高分子の相互作用を高感度に解析します。 機種名:"AU-FDS"です。
そして、「円二色性分光装置」はたんぱく質などの高次構造を解析します。 本装置は2種類のモデル(Model420/Model420SF)よりお選び下さい。

[ このページの先頭に戻る ]

第9回国際バイオEXPOに出展いたします

【展 示 会】第9回国際バイオEXPO
会 期:2010年6月30日(水)~7月2日(金)
    6月30日 10:00~18:00
    7月 1日 10:00~18:00
    7月 2日 10:00~17:00
会場:東京ビックサイト


【展示内容】(予定)
(1)SPM事業
    ・高速原子間力顕微鏡 ナノライブビジョンによる抗体動画のモニター展示
    ・高性能・高分解能原子間力顕微鏡 セルバンテスによる液中FM-AFMモードでの原子画像のパネル展示
(2)食品・検査事業
    ・自己吸引型マイクロ流路式 高感度迅速ELISAシステムのパネルと実機展示
(3)分子イメージング事業(㈱エルエイシステムズ
    ・有機天然物NMRデータベース(CH-NMR-NP)
    ・NMRデータ処理・レポートツール(MNOVA)
    ・NMR測定自動処理支援システム
    ・分析用超遠心蛍光検出システム(Aviv社 AU-FDS)
    ・円二色性分光装置(Aviv社 CD)


皆様のご来場をお待ち致しております。

第9回国際バイオEXPOの詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

第59回高分子学会年次大会に出展いたします

【展 示 会】第59回高分子学会年次大会
会 期:2010年5月26日(水)~28日(金)
    5月26日 9:30~18:30
    5月27日 9:30~16:30
    5月28日 9:30~14:30
会場:パシフィコ横浜


【展示内容】(予定)
・弊社ブースにて弊社原子間力顕微鏡のモニター展示とパネル展示を致します。


皆様のご来場をお待ち致しております。

第59回高分子学会年次大会の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

日本顕微鏡学会第66回学術講演会に出展いたします

【展 示 会】日本顕微鏡学会第66回学術講演会
会 期:2010年5月23日(日)~26日(木)
    5月23日 13:00~17:00
    5月24日 9:00~17:00
    5月25日 9:00~17:00
    5月26日 9:00~15:00
会場:名古屋国際会議場内イベントホール


【展示内容】(予定)
・弊社ブースにて弊社原子間力顕微鏡のモニター展示とパネル展示を致します。


皆様のご来場をお待ち致しております。

日本顕微鏡学会第66回学術講演会の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

第12回走査プローブ顕微鏡国際会議に出展いたします

【展 示 会】第12回走査プローブ顕微鏡国際会議
会 期:2010年5月10日(月)~12日(水)
    5月10日 8:00~18:20
    5月11日 8:30~18:15
    5月12日 8:30~17:45
会場:京王プラザホテル札幌 3階 雅の間
小間番号:#7


【展示内容】
(1)NANOTEC社 高機能・高性能 SPM
 本SPMは、下記の特徴を有する高機能・高性能SPMです。
    ・FM-AFMにより溶液中で原子分解能を達成しています。
    ・生体の溶液中観察に最適な独自のジャンピングモードを搭載しています。
    ・環境制御チャンバーにより、観察時の温度・湿度・雰囲気制御等が可能です。
    ・自動ドリフト補正機能により高い安定性を実現しています。
    ・豊富な計測モードに対応し、目的に応じた多岐のオプション製品類が準備されています。

NANOTEC社製SPMのページはこちら

(2)高速原子間力顕微鏡 ナノライブビジョン
 分子の動く様子が動画観察できる高速かつ高分解能原子間力顕微鏡です。
本原子間力顕微鏡は1秒に12.5枚という高速での画像取得が可能です。
 また、電子顕微鏡では観察できない溶液中の“生きた試料”を扱えるだけでなく
タンパク質などの柔らかい生体高分子も壊さずに観察することができます。
 当日のブースでは、ナノライブビジョンを用いて観察した、抗体のY字形状の
動画をご覧いただけます。

高速原子間力顕微鏡 ナノライブビジョンのページはこちら


皆様のご来場をお待ち致しております。

第12回走査プローブ顕微鏡国際会議の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

”NANOTEC社製 SPM”の販売開始を日刊工業新聞で紹介されました

 2010年3月22日付け日刊工業新聞(7面)にて、弊社がスペイン・ナノテクエレクトロニカ製

走査型プローブ顕微鏡の販売を開始したことが紹介されました。


NANOTEC社製 高機能・高分解能プローブ顕微鏡のページはこちら

日刊工業新聞社「ビジネスライン」へのリンクはこちら

[ このページの先頭に戻る ]

ナノバイオExpo 2010に出展いたします

【展 示 会】ナノバイオExpo 2010
会 期:2010年2月17日(水)~19日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 東6ホール
小間番号:G-10


本展示会は終了いたしました。

開催期間中、多くの皆様に弊社ブースにご来場いただきました。

本当にありがとうございました。


ナノバイオExpo 2010の詳細はこちら
出展内容

[ このページの先頭に戻る ]

超高速(動画)AFMシンポジウムを開催致します

当社主催「超高速(動画)AFMシンポジウム」を開催致します。
高速AFMの生みの親である、金沢大学教授安藤敏夫先生、核酸ケミカルバイオロジーの第一人者、京都大学教授
杉山弘先生を講師としてお迎えし、講演して頂きます。

参加をご希望の方は下記要項に従ってお申し込み下さい。
担当者よりご連絡させて頂きます。

            記
1 日時
  平成21年12月20日(日)13:00~15:30
2 会場
  浅草ビューホテル 駒形の間
    東京都台東区西浅草3-17-1 Tel:03-3847-1111
    http://www.viewhotels.co.jp/asakusa/
3 講演題目
  「高速AFMの現状と将来展望 」
    金沢大学 大学院自然科学研究科 教授
      安藤 敏夫 先生
  「DNA折り紙のケミカルバイオロジーへの応用」
    京都大学大学院理学研究科 教授
      杉山 弘 先生
  「高速AFM Nano Live Visionのご紹介」
    (株)生体分子計測研究所
4 参加費
  無料
5 申込方法
  (1)e-mail
    ご氏名、勤務先、部署、勤務先住所、勤務先電話番号、勤務先FAX番号、e-mailアドレスを
    明記の上、お申し込み下さい。
  (2)FAX
    申込用紙はこちらになります。
  ※お申し込み多数のため、ご希望にそえない場合もございます。予めご了承下さい。
6 申し込み先
  e-mail:sakamoto@ribm.co.jp
  FAX:029-839-4612
  (担当:坂本)
7 主催
  (株)生体分子計測研究所

[ このページの先頭に戻る ]

”ものづくり中小企業製品開発等支援補助金に採択されました

[ このページの先頭に戻る ]

”第23回東京ビジネス・サミットへのご来場ありがとうございました

[ このページの先頭に戻る ]

マイクロ流路式 迅速ELISAシステムの受注およびデモ受付を開始いたしました

 本日2009年11月2日(月)より、マイクロ流路式 迅速ELISA装置(Suction Micro ELISA System)の受注およびデモ測定の受付を開始いたします。

 詳細についてはこちらを御覧ください。

[ このページの先頭に戻る ]

食品開発展2009へのご来場ありがとうございました

 2009年10月14日(水)~16日(金)の3日間、東京ビッグサイト 東4~6ホールにて食品開発展2009が
 開催されました。弊社は ㈱環境研究センター様との共同で出展させていただきました。

 弊社は以下のパネル展示と装置展示を行いました。
 【パネル展示】 食品環境計測事業のご案内。 従来の”食品検査サービス”や
  弊社技術”生体分子の可視化・計測技術”に基づく”食品のナノ計測
  新規サービス”技術導入支援サービス”などについてもご紹介いたしました。
 【装置展示】 新開発の画期的ELISA装置: マイクロ流路式迅速ELISAシステムの実機を展示いました。

 結果、3日間で約70名の方に弊社ブースにお立ち寄りいただきました。ご来場ありがとうございました。

[ このページの先頭に戻る ]

第23回東京ビジネス・サミットに出展いたします

【展 示 会】 第23回東京ビジネス・サミット
 会 期:2009年11月4日(水)~5日(木) 10:00~18:00 (最終日: 10:00~17:00)
 会場:東京ビッグサイト 西ホール
 ブース番号:B-42

【展示内容】(予定)
・装置展示: 新開発の画期的ELISA装置: マイクロ流路式迅速ELISAシステムをご覧ください。
・パネル展示: 弊社の食品環境計測事業をご案内します。 従来の”食品検査サービス”や
  弊社技術”生体分子の可視化・計測技術”に基づく”食品のナノ計測”の他、
  新規サービス”技術導入支援サービス”などについてもご紹介いたします。

皆様のご来場をお待ち致しております。

第23回東京ビジネス・サミットの詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

”マイクロ流路式 迅速ELISAシステム”の紹介論文がアレルギー専門誌に掲載されました

弊社にて開発を進めてまいりました”マイクロ流路式 迅速ELISAシステム”の紹介論文が、アレルギー専門誌「アレルギーの臨床」(北隆館)10月号に掲載されました。

「アレルギーの臨床」に寄せる -529-
”新開発 マイクロ流路式 迅速ELISAシステム”,アレルギーの臨床,29(11),1013-1018,2009

マイクロ流路式 迅速ELISAシステムにつきましてはこちらをご覧ください。

[ このページの先頭に戻る ]

食品開発展2009に出展いたします

【展 示 会】 食品開発展2009
 会 期:2009年10月14日(水)~16日(金) 10:00~17:00
 会場:東京ビッグサイト 東4~6ホール
 ブース番号:1-203 ( ㈱環境研究センター様との共同出展です)

【展示内容】
・パネル展示: 弊社の食品環境計測サービスをご案内します。 従来の”食品検査サービス”や
  弊社技術”生体分子の可視化・計測技術”に基づく”食品のナノ計測”の他、
  新規サービス”技術導入支援サービス”などについてもご紹介いたします。
・装置展示: 新開発の画期的ELISA装置: マイクロ流路式迅速ELISAシステムをご覧ください。


皆様のご来場をお待ち致しております。

食品開発展2009の詳細はこちら
出展内容

[ このページの先頭に戻る ]

新商品のお知らせ:AFM用標準サンプルにコラーゲン繊維を追加しました

コラーゲンは動物の皮膚、骨、血管、内臓などあらゆる器官に存在しているタンパク質の一種です。
その安全性の高さから、食品、医薬品、化粧品などに広く利用されています。
生体内では、3本のコラーゲンペプチド鎖がらせん状に巻きつき、さらにそれらが寄り集まってコラーゲン繊維を形成します。

弊社ではこのコラーゲン繊維をin vitroで重合させ、マイカ基板に固定致しました。
コラーゲン繊維の特徴である67nm周期の縞模様も観察されています。
お客様のご研究にお役立て下さい。

製品ページ

イメージギャラリー

[ このページの先頭に戻る ]

平成21年度第2回イノベーション実用化開発費助成金に採択されました

弊社にて開発を進めております「走査型高速電気化学トンネル顕微鏡の実用化開発」が
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の
平成21年度第2回イノベーション実用化開発費助成金(研究開発型ベンチャー技術開発助成事業)に
採択されました。

平成21年度第2回イノベーション実用化開発費助成金

[ このページの先頭に戻る ]

”マイクロ流路式 迅速ELISAシステム”が日経産業新聞1面で紹介されました

2009年8月10日付け日経産業新聞(1面)にて、現在弊社にて開発を進めております
「マイクロ流路式 迅速ELISAシステム」が紹介されました。
詳細は、記事「生体分子計測研 ウィルス検出時間1/4に」をご欄ください。

なお、本技術は平成18年度地域新生コンソーシアム研究事業「マイクロ流路を利用した実用的なELISA
システムの開発」における共同開発の成果に基づくものです。

マイクロ流路式迅速ELISAシステム

[ このページの先頭に戻る ]

”マイクロ流路式 迅速ELISAシステム”が日刊工業新聞で紹介されました

2009年7月2日付け日刊工業新聞(科学技術・大学面)にて、現在弊社にて開発を進めております
「マイクロ流路式 迅速ELISAシステム」が紹介されました。
詳細は、記事「ELISA法検査システム 測定、数十分に短縮」をご欄ください。

なお、本技術は平成18年度地域新生コンソーシアム研究事業「マイクロ流路を利用した実用的なELISA
システムの開発」における共同開発の成果に基づくものです。

マイクロ流路式迅速ELISAシステム

[ このページの先頭に戻る ]

”マイクロ流路式 迅速ELISAシステム”が茨城新聞で紹介されました

2009年6月14日付け茨城新聞にて、現在弊社にて開発を進めております「マイクロ流路式 迅速ELISA
システム」が紹介されました。
詳細は、記事「生体分子計測研究所 細菌測定装置を開発 -マイクロ技術で検査-」をご欄ください。

なお、本技術は平成18年度地域新生コンソーシアム研究事業「マイクロ流路を利用した実用的なELISA
システムの開発」における共同開発の成果に基づくものです。

マイクロ流路式迅速ELISAシステム

[ このページの先頭に戻る ]

食品関連企業様向け技術支援サービス始めました

食の安全・安心に対する消費者の意識が高まる中、自社の検査を充実させたいとお考えの食品関連企業様へ、私たちが培った食品検査のノウハウをご提供します。

・ アレルゲン検査、遺伝子組換え食品検査、品種判別検査などを自社で行いたい・・・。
・ 関連法令や試験法の知識が不十分・・・。
・ 遺伝子検査を導入したいが、どんな試験機器や試薬を揃えたらよいかわからない・・・。
・ 従来の微生物検査(培養法)に加え、遺伝子検査もできるようにしたい・・・。
・ 遺伝子検査に詳しい検査スタッフがいない・・・。
・ 検査のノウハウが蓄積されていないので、導入後のトラブルが心配・・・。

以上のようなお悩みをお持ちのお客様は、ご相談ください。

技術支援サービスの詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

第8回国際バイオExpoに出展いたします

展 示 会:第8回国際バイオExpo
会 期:2009年7月1日(水)~3日(金) 10:00~18:00(3日(金)のみ: 10:00~17:00)
会場:東京ビッグサイト
小間番号:6-48

展示内容:
  マイクロ流路式迅速ELISAシステム

皆様のご来場をお待ち致しております。

第8回 国際バイオExpo の詳細はこちら
出展内容

[ このページの先頭に戻る ]

ナノバイオExpo 2009に出展いたします

展 示 会:ナノバイオExpo 2009
会 期:2009年2月18日(水)~20日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 東4ホール
小間番号:A-32

展示内容:
  - 高速原子間力顕微鏡 ナノライブビジョン
  - マルチプローブ原子間力顕微鏡 SXM ACTIVE
  - 簡易型原子間力顕微鏡 SXM STANDARD
ほか

皆様のご来場をお待ち致しております。

ナノバイオExpo 2009 の詳細はこちら
出展内容

[ このページの先頭に戻る ]

2008年12月08日 ICSPM16出展のお知らせ

今月11日(木曜)から13日(土曜)まで開催される
ICSPM16の展示ブースに出展いたします。

ブースでは弊社販売の高速原子間力顕微鏡:
ナノライブビジョン、その他弊社オリジナルSPMに
関しましてご案内させて頂きます。

11日夜の企業プレゼンテーション枠におきましても
ご説明させて頂きますのでご参加頂ければ幸いです。

URL:
http://dora.bk.tsukuba.ac.jp/event/ICSPM16/

[ このページの先頭に戻る ]

2008年10月10日 研究成果のご紹介

東京大学大学院生命科学研究科・生物材料科学専攻 森林化学研究室の五十嵐圭日子助教らは、セルロースを酵素(セルラーゼ)が分解する様子の動画可視化に成功し、9月18日から20日まで沖縄で行われた日本応用糖質 科学会において発表されました。

動画可視化には、弊社取り扱いの高速原子間力顕微鏡(NLV)が用いられています。

プレス発表(日経BPへジャンプします)

高速原子間力顕微鏡のページはこちら

[ このページの先頭に戻る ]

2008年07月24日 テレビ番組放送のお知らせ

7/27(日曜)18:30よりテレビ東京「トコトンハテナ」にて農薬についての特集番組が放送されます。

番組内では弊社 食品検査サービスにて行われた残留農薬検査の 結果がとりあげられています。

ぜひご覧下さい。

食品検査サービスのページはこちら

[ このページの先頭に戻る ]

2008年07月11日 『中小企業ものづくり300社に選ばれました』

国内の中小企業の内、ものづくり企業は43万社あります。

この度、弊社はそのものづくり企業43万社の中の300社の1つに選ばれました

。7月10日の表彰式で、経済産業省 甘利産業大臣から表彰を受けました。

[ このページの先頭に戻る ]

2008年01月18日 『ナノバイオExpo 2008』に出展いたします【追記】

『ナノバイオExpo 2008』において高速AFM:ナノライブビジョンの実機を展示致します。

ナノライブビジョンと従来型AFMとの画期的な違いをお客様の目で御確認ください!

お忙しい折とは存じますが、是非とも皆様お誘い合わせの上
ご来場賜りますようお願い申し上げます。

展示会:ナノバイオExpo 2008
会期:2008年2月13日(水) 10:00~18:00
2008年2月14日(木) 10:00~18:00
2008年2月15日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 東4ホール
小間番号:A-17

高速AFM:ナノライブビジョンのページはこちら
出展内容
ナノバイオExpo 2008 の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]

2008年01月08日 『ナノバイオExpo 2008』に出展いたします

展示会:ナノバイオExpo 2008
会期:2008年2月13日(水) 10:00~18:00
2008年2月14日(木) 10:00~18:00
2008年2月15日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 東4ホール
小間番号:A-17

展示内容:

  • 高速原子間力顕微鏡 ナノライブビジョン
  • マルチプローブ原子間力顕微鏡 SXM ACTIVE
  • 簡易型原子間力顕微鏡 SXM STANDARD
  • 蛍光X線分析装置 SXM CREATE
  • 三次元非接触表面形状計測システム Micromap System
  • 受託計測サービス

ぜひ、ご来場ください!

出展内容
ナノバイオExpo 2008 の詳細はこちら

[ このページの先頭に戻る ]