残留農薬検査

弊社では、一斉分析法による「迅速、高精度、低価格」でポジティブリスト制に対応した残留農薬検査をご提供します。輸入食品等の管理、日常の品質管理に是非ご利用ください。

【農作物対象一斉分析】
<分析対象> 農産物(油分の少ない加工食品、健康食品および生薬等についても分析できます。)

検査項目

検査料金
(税別)

納期

250項目 (野菜) 
残留基準が設定されている農薬を中心に、検出事例の多い農薬や使用頻度の高い農薬を選定
50,000円 7営業日
250項目 (果物) 
残留基準が設定されている農薬を中心に、検出事例の多い農薬や使用頻度の高い農薬を選定
50,000円 7営業日
250項目 (穀類) 
残留基準が設定されている農薬を中心に、検出事例の多い農薬や使用頻度の高い農薬を選定
50,000円 7営業日
250項目 (お米) 
残留基準が設定されている農薬を中心に、検出事例の多い農薬や使用頻度の高い農薬を選定
50,000円 7営業日
250項目 (豆類)
残留基準が設定されている農薬を中心に、検出事例の多い農薬や使用頻度の高い農薬を選定
50,000円 7営業日
250項目 (お茶)
残留基準が設定されている農薬を中心に、検出事例の多い農薬や使用頻度の高い農薬を選定
50,000円 7営業日
420項目 ◆◆ コストとスピードを重視したメニュー ◆◆
有機リン系57項目を含む検疫所モニタリング項目(農産物全般)の約7割をカバー
80,000円 7営業日
520項目 ◆◆ 輸入食品のポジティブリスト対策に ◆◆
検疫所モニタリング項目(農産物全般)の約9割と検出事例の多い農薬を選定
150,000円 9営業日
モニタリング(農作物 467項目)
検疫所モニタリング項目(畜水産以外)の約9割をカバー
120,000円 9営業日
モニタリング(野菜 420項目)
検疫所の野菜対象モニタリング項目の約9割をカバー
120,000円 9営業日
モニタリング(果実 370項目)
検疫所の果実対象モニタリング項目の約9割をカバー
110,000円 9営業日
モニタリング(穀・豆・種 397項目)
検疫所の穀類、豆類及び種実類対象モニタリング項目の約9割をカバー
120,000円 9営業日
モニタリング(茶 170項目)
検疫所の茶対象モニタリング項目の約9割をカバー
100,000円 9営業日

★ 一斉分析250項目と放射性物質検査の組合せで、お得なセット料金をご用意しております。 ★
<分析対象> 農産物(油分の少ない加工食品、健康食品および生薬等についても分析できます。)

検査区分 必要
検体量
検査料金
(税別)
納期
残留農薬一斉分析(250項目)

NaI(Tl)シンチレーション検出器(標準コース)
可食部として
600g 以上 

50,000円

7営業日

残留農薬一斉分析(250項目)

NaI(Tl)シンチレーション検出器(精密コース)
可食部として
1.5kg 以上 

52,000円

7営業日

【畜水産物/加工食品対象一斉分析】
<分析対象> 畜水産物、加工食品 (農作物も可)

検査項目 検査料金 
(税別)
納期
145項目
国内及び輸入農産物の農薬違反事例の多い農薬を選定
30,000円 6営業日
258項目
国内及び輸入農産物の農薬違反事例の多い農薬を選定
50,000円 9営業日
410項目
国内及び輸入農産物の農薬違反事例の多い農薬を選定
80,000円 11営業日
530項目
国内及び輸入農産物の農薬違反事例の多い農薬を選定
150,000円 11営業日
130項目(畜産食品)
検疫所モニタリング検査の「畜産食品」を対象とした農薬を選定。
60,000円 11営業日
23項目(水産食品)
検疫所モニタリング検査の「水産食品」を対象とした農薬を選定。
50,000円 11営業日

【個別分析】

現在、約700項目の分析が可能です。
検査項目、納期、料金については、お気軽にお問い合わせ下さい。

<残留農薬関連サイト> 厚生労働省ホームページ

上記の検査項目以外の一斉分析も可能です。また、多検体でのご依頼、定期的にご依頼頂ける場合は割り引きいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。

納期について

  • 検体受理後、各検査項目に記載した期間で結果の速報をFAXします。
  • 報告書の原本は、速報後、郵送いたします。

ご依頼方法

  • 検査依頼書に必要事項を記入し、検体に添付して、下記住所宛にご送付ください。
  • 依頼書は、事前にFAXしてください。
残留農薬検査依頼書 PDF WORD

残留農薬検査依頼書+放射性物質検査 PDF WORD

注意事項

  1. 送付検体は、全体を代表できるようにランダムサンプリングを行ってください。検体の送付量は、以下を参考にご送付ください。パック類などに包装された食品は開封せずにご送付ください。複数の検体をまとめて送付される場合は、検体が接触しないように個別に包むか仕切りをしてください。量が満たない場合は、検査ができないことがございますので、あらかじめご連絡ください。
    〔農作物対象〕 可食部として500g以上
    〔畜水産物/加工食品対象〕 可食部として1kg以上
  2. 検査依頼書に必要事項を記入し、事前にFAXでご送付ください。検査依頼書は、検体に添付して、宅配便でお送りください。送付の際は、その商品に適した保存条件でご送付ください。(クール宅急便などをご利用ください)受領するまでの間に発生した腐敗・破損などにより、検体が検査不可能となった場合、その責任を負いかねます。なお、検体送付にかかる料金は、ご依頼者にてご負担願います。
  3. 農薬が検出された場合、個別に確認検査を行うことがありますので、通常より納期が遅れる場合がございます。また、検体の状態や夾雑物の影響により測定できない場合がございます。予めご了承ください。
  4. 送付された検体は検査終了後、一定期間保管した後に破棄させていただきます。
  5. 検査結果は、供与された試料についての結果であり、当該試料の母集団を保証もしくは認証するものではございません。
  6. 弊社は、検査結果についてのみ責任を負い、検査結果の取り扱いおよび本結果から発生するトラブルや損害などの一切の問題について免責されるものと致します。
  7. 弊社は、ご依頼者から検査依頼があった事実および検査結果を、ご依頼者の同意なくしてご依頼者以外の第三者には漏洩いたしません。ご要望がございましたら、守秘契約書もご用意いたしますのでご連絡ください。
  8. その他、ご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。

お問い合わせ/検体送付先

株式会社 生体分子計測研究所 (広島研究所)
〒739-0046
広島県東広島市鏡山3-13-60 広島起業化センター(クリエイトコア)15号室
TEL:082-431-4521 FAX:082-431-4522 e-mail: shokuhin@ribm.co.jp

[ このページの先頭に戻る ]